ソーシャルネットワークを利用したSQLデータベースの相互利用

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では、中央サーバを用いることで生じるプライバシ侵害の問題を解決するため、ソーシャル SQL データベースを提案する。ソーシャル SQL データベースとは、各ユーザがそれぞれ自身の計算機にデータベースを持ち、それを相互に利用することで通信に中央サーバを介さず、各ユーザ間で関係データベースの相互利用を可能にする。本研究では、ユーザの認証に SNS のアカウントを用いて、プロセス間通信にソーシャルルータが提供する安全な通信路を用いる。アクセス制御には、関係データベースのビューの機能を用いる。SNS アカウントに応じて、ユーザが利用できるビューを切り替えることで柔軟なアクセス制御を実現する。具体的なデータベースとして MySQL を利用し、ビューを切り替えるために MySQL のプロキシを利用する。本研究ではさらに Web ブラウザ上で動作する協調アプリケーションが、ソーシャル SQL データベースを利用するための JavaScript API を提供する。本研究を評価するために、ブログ WordPress および簡単な写真共有アプリケーションとソーシャル SQL データベースを連携させる。

収録刊行物

  • 研究報告組込みシステム(EMB)

    研究報告組込みシステム(EMB) 2013-EMB-31(1), 1-10, 2013-11-26

    一般社団法人情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009633045
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12149313
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ