SDNを用いたネットワーク構築における実習法の提案と評価  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 園生遥
    • 信州大学大学院理工学研究系研究科 Division of Science and Technology, Shinshu University
    • 牛込翔平
    • 信州大学大学院理工学研究系研究科 Division of Science and Technology, Shinshu University
    • 國宗永佳
    • 信州大学工学部 Faculity of Engineering, Shinshu University
    • 新村正明
    • 信州大学大学院理工学研究系研究科 Division of Science and Technology, Shinshu University

Abstract

近年,SDN(Software Defined Networking) と呼ばれるネットワークの仮想化技術が注目されている.それに伴い,高等教育機関においてSDN を用いたネットワーク学習が行われている.しかし,現在 SDN の学習方法に関する学術的な報告はほとんど行われておらず,SDN の効果的な学習方法も現在確立されていない.そこで,本稿では,SDN の効果的な学習方法の提案を行う.提案する学習方法は,学生が教授者の提示する条件内で OpenFlow によるネットワーク制御の課題を作成し,コンテスト形式で評価を行うものである.本稿では,本学習方法の概要を示すとともに,信州大学の SDN を用いたネットワーク学習における本学習方法の導入と評価の報告を行う.

Journal

  • IPSJ SIG Notes

    IPSJ SIG Notes 2013-CE-122(3), 1-5, 2013-12-07

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009634497
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10096193
  • Text Lang
    JPN
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top