q=情報の授業 Tweets at computer lab in Japanese schools/universities

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

現在、全ての高等学校や、多くの大学において、情報科、情報教育、一般情報教育、情報処理教育などの様々な 「情報の授業」 が実施されている。情報の授業の実態を知るためには、学生らにアンケートやインタビューを行なうことも有効であるが、一方で、学習者 (学生・生徒) らが、ソーシャルメディアに対して発信された 「情報の授業」 への感想も、情報の授業の実態を知るため有用である可能性がある。そこで、筆者は、主にツイッターを対象として 「情報の授業」 などの検索語を利用して調査・分析を行った。本発表では、その内容について報告する。In Japan, many students of universities or high schools are tweeting on their impressions about the class on information study, information processing, computer, network, computer ethics, and usages of office suites. These tweets may be composed in their computer lab in their schools. In this report, I describe the method of analysing on students' tweets. And I point out several problem in the classes.

In Japan, many students of universities or high schools are tweeting on their impressions about the class on information study, information processing, computer, network, computer ethics, and usages of office suites. These tweets may be composed in their computer lab in their schools. In this report, I describe the method of analysing on students' tweets. And I point out several problem in the classes.

収録刊行物

  • 研究報告教育学習支援情報システム(CLE)

    研究報告教育学習支援情報システム(CLE) 2013-CLE-11(6), 1-7, 2013-12-07

    一般社団法人情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009634500
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12496725
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025143985
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ