エルトゥールル号による日本へのウラマー派遣の試み Ertuğrul Fırkateyni ile Japonya'ya Ulema Gönderme Girişimi

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 秋葉 淳 AKIBA Jun
    • 千葉大学大学院人文社会科学研究科 Graduate School of Humanities and Social Sciences, Chiba University

Abstract

本稿は、イスタンブル・ムフティー局附属文書館所蔵の文書にもとづき、オスマン帝国が1889-90年に日本に派遣したエルトゥールル号に関する新事実を紹介する。その文書からは、スルタン・アブデュルハミト二世がエルトゥールル号によって日本にウラマーを派遣してイスラームの普及を図ろうとした、という実現しなかった計画が明らかになった。スルタンは、エルトゥールル号派遣の直前にシェイヒュルイスラームにウラマーの派遣を打診し、日本でイスラームの知識を教えることのできる人物を選ぶよう依頼した。その文書(スルタンの勅旨)によれば、日本人は「啓典の民」ではないが、近年の進歩の実績に鑑みれば、近いうちに多神教を捨てて一神教を受け入れる傾向があるのだという。しかし、スルタンは、日本に派遣されるべきウラマーに英語あるいはフランス語の能力を求めて、最初に選ばれた二名の人物を却下したため、結果的に君主の要望に見合う人物は見つからなかった。こうして、エルトゥールル号によるウラマーの日本派遣の企図は廃案となった。実現しなかったとはいえ、日本への宗教使節派遣案が出されたという事実は、アブデュルハミト二世のイスラーム政策について新しい観点を提供する。今日の研究では、エルトゥールル号の派遣は、インドや東南アジアのムスリムに対するプロパガンダの手段であったと解釈され、日本のイスラーム化は問題外だったとされる。しかし、本稿が用いた史料は、アブデュルハミト二世が世界のムスリムの結束のみならず、イスラーム教徒のいない地域への宣教活動をも視野に入れていたことを示している。また、日本人のイスラーム改宗という発想は、日露戦争後にオスマン人や世界のムスリムの間で広く流通し、日本がイスラームを国教とする用意があるといった根拠のない噂が流布した。しかし、本稿で紹介した文書は、日本のイスラーム化という発想が、より以前の時期に遡り、アブデュルハミト二世がその初期の提唱者の一人であったことを示している。いずれにしてもこの発案は実現せず、その後もスルタンが日本に宗教指導者を派遣することはなかった。しかし、エルトゥールル号事件の生存者と遺族への義捐金を届けにイスタンブルに渡った時事新報記者野田正太郎が、しばらく後にイスラームに改宗すると、彼の帰国とともに日本にウラマーが派遣されて改宗が進められていると外国の新聞で報道された。その意味でアブデュルハミト二世は、ウラマーを派遣せずに、派遣したのと同じ効果を国際世論に反映させることに成功したのである。日本へのウラマー派遣の試みもまた、その意味でアブデュルハミト二世のイメージ政策の枠組みのなかで理解されるべきであろう。

This article presents some new findings relating to the Ertuğrul Frigate dispatched to Japan by the Ottoman Sultan in 1889-90 based on the documents found among the collection of the Archives of the Istanbul Mufti's Office. These documents show that Sultan Abdülhamid II intended to send several ulema to Japan by the Ertuğrul to promote Islam in that country. Although this attempt was never materialized, it shed light on the Sultan's Islamist policy and his knowledge on Japan.Dispatch of the Ertuğrul is now interpreted as a means of the pan-Islamic propaganda towards the Muslim population in India and Southeast Asia. Also, it has been widely accepted that the Islamization of Japan was not at issue. However, our documents indicate that the Sultan did have an idea of promoting Islam in Japan, which shows an expansionist dimension of his Islamist policy. Discussion about the Islamization of Japan gained wide currency in the Ottoman journalism after the Russo-Japanese War. The findings of this article suggest that this idea was much more rooted among the Ottomans, and that Abdülhamid II was one of its earliest proponents. Finally, the Sultan never actually dispatched an Islamic mission to Japan. He was, however, successful in spreading the idea through the foreign press that he did so.

Journal

  • Annals of Japan Association for Middle East Studies

    Annals of Japan Association for Middle East Studies 29(1), 129-143, 2013

    Japan Association for Middle East Studies (JAMES)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009635678
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10183797
  • Text Lang
    UNK
  • ISSN
    0913-7858
  • NDL Article ID
    024845494
  • NDL Call No.
    Z1-417
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top