「速い光」,「遅い光」と群速度 (解説)  [in Japanese] Fast Light, Slow Light and Group Velocity  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

異常分散媒質中での真空中の光速度cより速い波束の伝播など,群速度の意味をめぐってはSommerfeld, Brillouinから始まって長い議論が行われてきた.近年,冷却原子や固体の分極を外部光で操作する,もしくは,微小共振器やフォトニック結晶など光の波長オーダーの空間構造を制御することで,光速度よりも速い光,著しく遅い光,あるいは光の凍結など,波束の伝播制御をする試みがなされている.従来の群速度は,屈折率の実部の1階微分により定義されているため,波束が急峻な分散媒質を長距離伝播する場合には破綻する.本稿では,情報速度など媒質中のさまざまな速度を群速度との関係で議論し,従来の群速度が破綻する条件下でも意味を持つ群速度の定義について解説する.

Traditional group velocity is defined by the first-order derivative of the real part of the refractive index. This definition breaks down when the wave packet propagates over long distances. In this article, we discuss group velocity in the context of various velocities in the medium, introducing a new definition for group velocity applicable even in strongly dispersive media.

Journal

  • Butsuri

    Butsuri 68(8), 516-523, 2013

    The Physical Society of Japan

References:  56

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009635761
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00196952
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    0029-0181
  • NDL Article ID
    024727913
  • NDL Call No.
    Z15-13
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top