2.既存装置の遠隔実験の現状および予定と課題 2.1 JT-60Uにおける遠隔実験 2. Status of Remote Experiments in Fusion Reactor, Issues and Plans 2.1 Remote Experiments in JT-60U

この論文をさがす

著者

抄録

本章では,JT-60Uにおいて行われた遠隔実験について述べる.JT-60Uではセキュリティが確保された条件のもとでリモートサイトで実験条件を作成するシステムを開発した.リモートサイトから実験データ解析サーバにアクセスするツールと併用することにより,放電条件の作成,プラズマ放電後の実験データの解析,データ解析結果に基づく次の放電条件の決定が可能となった.このシステムを用い,京都大学およびドイツ・マックスプランクプラズマ物理研究所と遠隔実験を実施した.実験データの解析結果に基づき,中性粒子ビームパワーや電子サイクロトロン波パワーを変更することにより,研究対象の不安定性の挙動に関するデータが取得でき,所期の目的を達成することができた.本章ではこれらの結果とともに,JT-60Uでの実験経験から,将来実験チームの一員として遠隔参加する際に重要と考えられる項目も述べる.

収録刊行物

  • プラズマ・核融合学会誌 = Journal of plasma and fusion research

    プラズマ・核融合学会誌 = Journal of plasma and fusion research 89(7), 464-467, 2013-07-25

    プラズマ・核融合学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

  • <no title>

    KOIDE Y.

    Phys. Plasmas 4, 1623, 1997

    被引用文献1件

  • <no title>

    SHIRAI H.

    Phys. Plasmas 5, 1712, 1998

    被引用文献1件

  • Development of a virtual research environment in ITBL Project

    HIGUCHI K.

    Proc. Int. Conf. Supercomputing in Nuclear Applications, Paris, 2003, 22-24, 2003

    被引用文献1件

  • <no title>

    SUZUKI Y.

    Fusion Eng. Des. 83, 511, 2008

    被引用文献1件

  • <no title>

    TOTSUKA T.

    Fusion Eng. Des. 83, 287, 2008

    被引用文献1件

  • <no title>

    OZEKI T.

    Proc. 22nd IAEA Fusion Energy Conference (Geneva, Switzerland), 2008, 2008

    被引用文献1件

  • <no title>

    小関隆久

    シミュレーション 27, 27, 2008

    被引用文献1件

  • <no title>

    ISAYAMA A.

    Nucl. Fusion 49, 2009

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009636045
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10401672
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09187928
  • NDL 記事登録ID
    024809174
  • NDL 請求記号
    Z15-8
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ