並列処理とネットワークアーキテクチャ再考  [in Japanese] 理化学研究所・計算科学研究機構  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

ネットワーク帯域需要の増大に対応するため多くの並列化手法がインターネットルータで試みられてきた。それらの手法は、並列化に伴う副作用すなわち、パケット順序交替、負荷の偏りを隠蔽することに多くの労力が費やされている。我々は、並列処理による副作用の隠蔽の不要なネットワークアーキテクチャ、FAIN(Flexible Arrays of Inexpellsive Network)を提案している。本稿では、FAINアーキテクチャについて紹介するとともに、FAINの応用として、省電力化、スループットに応じたコスト負担について議論する。

Journal

  • IEICE technical report. Information networks

    IEICE technical report. Information networks 112(230), 93-98, 2012-10-03

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009636542
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10013072
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL Article ID
    024076032
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top