聴覚ディスプレイによる視覚障害者のタッチパネル操作性改善  [in Japanese] Improvement of touch panel operation with auditory display for the visually impaired  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

タッチパネルは,画面に触って直接操作が可能なため,GUIとの組み合わせで多くの機能を実現できる直感的な使い易いインタフェースとして普及が加速している.一方で視覚障害者にとっては,表面が平らで,どこを触ったら良いのかが分からないため,使い難いインタフェースとして敬遠されてきた.しかし,スマートフォンを始めとして,視覚障害者のタッチパネル搭載機器に対する利用要求が,今後益々高まるものと予測される.本研究では,指でタッチパネルを触った位置を,HRTFを用いた聴覚ディスプレイでフィードバックすることで,視覚障害者によるタッチパネルの操作性改善の可能性を検討したので報告する.

Touch panel interface is expanding its application rapidly, since GUI allows direct manipulation and easy interaction for the sighted people. However this interaction significantly relays on visual feedback, which is inaccessible for the visually impaired. In this paper, we propose the improvement of touch panel operation by adding auditory display that feedback the position of fingertip.

Journal

  • Technical report of IEICE. EA

    Technical report of IEICE. EA 112(266), 55-60, 2012-10-19

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  11

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009636750
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10164817
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL Article ID
    024079008
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top