公衆無線LANによるデータダウンロードサービスにおけるユーザの協調行動の有効性に関する研究  [in Japanese] Evaluation of data download service systems using public WLAN with user cooperation  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年,携帯電話回線は,様々なデータ通信サービス利用者のトラフィックの増加によって,圧迫されている.このような現状を踏まえて,通信事業者は,公衆無線LANを利用したトラフィックのオフロードを推進している.したがって,今後,公衆無線LANを介したデータ通信サービスを利用するユーザが増加することが予想され,より高品質なサービスを提供するためのAPの配置設計手法が必要となる,と考えられる.このことから,我々の研究グループでは,公衆無線LANを利用したデータダウンロードサービスを想定し,そのAPの配置設計手法について提案した.しかし,サービスを利用するユーザの中には,他ユーザを思いやって行動する(協調行動をとる)ユーザが存在することが考えられる.そこで,本稿では,協調行動をとるユーザが,データダウンロードサービスの品質にどのような影響を与えるのか,明らかにする.

Recently, traffic in cellular phone line is increasing because a lot of users use various data communication services. For such a situation, telecommunications career is promoting traffic offloading using public WLAN. Therefore, the design method of data communication service systems using public WLAN needs to be considered because these are assumed to be used in the future. We had proposed a design method of data download service systems, however this does not consider existence of cooperative users. In this paper, effect brought on QoS of data download service systems by cooperative users is discussed.

Journal

  • IEICE technical report. Information networks

    IEICE technical report. Information networks 112(307), 57-62, 2012-11-14

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  12

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009641654
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10013072
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL Article ID
    024149412
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top