音声操作ロボットの意図せぬ動作に対するユーザ発話のパラ言語的特徴に関する分析 (音声)  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

音声操作インタフェースがロボットなど移動機構を持つ機器に搭載されると,ユーザが音声によってロボットをリアルタイムで操作するという状況が考えられる.しかしこのような場合,ユーザの言い間違えやシステムの誤認識などによってロボットがユーザの意図せぬ動作をする可能性がある.我々は,そのような動作が発生した際に迅速に修正する手法として,ユーザの意図せぬロボット動作が発生した際のユーザ発話のパラ言語的特徴に着目し,これらをロボットの制御に応用することを提案する.本研究では,被験者実験によって実際にロボットを操作している音声を収集し,ロボットがユーザの意図通りに動作している時とそうでない時で発話速度,基本周波数 (F0),インテンシティに変化が表れるかどうか分析を行った.

Journal

  • IPSJ SIG Notes

    IPSJ SIG Notes 113(366), 59-64, 2013-12-19

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009646533
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10442647
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL Article ID
    025143658
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top