22157 クロス・ラミネイティド・ティンバーによる構造の耐震性能に関する研究 : その5 振動台実験入力波と加振精度検証(大規模木造(1),構造III,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会) 22157 Study on Seismic Performance of Building Structure with Cross Laminated Timber : Part 5: Input seismic motions for the shaking table test and verification of reproduced motions

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 学術講演梗概集

    学術講演梗概集 2012(構造III), 313-314, 2012-09-12

    一般社団法人日本建築学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009653789
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12344046
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    18839363
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ