索引構造と情報組織化(研究)の隘路  [in Japanese] On the Structure of Index and a Bottleneck of Information Organization  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

情報組織化は索引によってなされるものであるにもかかわらず,索引に関する基礎的研究はほとんどなされてこなかった。そこで当論では,基礎的研究という問題意識から索引構造に注目して,1)これを2つのタイプに整理し,2)索引の構成要素のうち,「アクセス・ポイント」と「記述」が重視されてきたことを述べる。一方,メディアを1つのレコードで記述することの原理的不可能性を示し,この点から,メディアの索引には複数の索引記入が連結されるタイプの索引が求められることを述べる。

Journal

  • The Library World

    The Library World 65(3), 200-210, 2013

    Nippon Association for Librarianship

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009657680
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00173287
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0040-9669
  • NDL Article ID
    024797563
  • NDL Call No.
    Z21-131
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top