無線LAN環境特異点に基づくゲート通過検出手法 A Gate Passing Detection Method Based on WiFi Significant Point

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本稿では,ユーザがスマートフォンを携帯して屋内を歩行する状況を想定し,無線LANと加速度の情報を併用したゲート通過検出手法を提案する.ドアやエレベータなどのゲートは物理的に通路や部屋を分断する構造物であり,無線LANの電波はゲートによって減衰または遮断される.よって,ゲートの前後において電波環境が大きく異なる.我々はこのような地点を無線LAN環境特異点と定義し,無線LAN距離関数から導かれる移動距離と加速度信号から推定される移動距離を用いて特異点検出を行う.特異点が検出された区間をゲート通過区間であると見なす.実環境においてゲート通過検出手法の評価実験を実施し,半数以上のゲート通過を検出可能であることを確認した.また,同一ゲートの通過推定に関しては,特定のゲートに限り90%を超える高い精度での推定が可能であることを確認した.We propose a gate passing detection method based on WiFi signal strength and accelerometer of the user's smartphone. Gate such as door and elevater devides physical areas such as room and hallway. Thus, the WiFi environments of them tend to vary on a large scale. Conversely, it can be said that a gate should exist when the point that the WiFi environment varies on a large scale. We define such point "WiFi Significant Point." We propose the detection method based on WiFi distance function and estimated moving distance according to accelerometer. We evaluated the proposal method and found out that more than half part of gate passing can be detected. We also found that the existence of gates that can be estimated same gate passing with a high degree of accuracy.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 55(1), 366-377, 2014-01-15

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009660264
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ