火の鳥「はやぶさ」未来編 その3 〜SCI/DCAM3と衝突の科学〜  [in Japanese] Phoenix "Hayabusa":A tale of the future (3): SCI/DCAM3 and Science of planetary impact  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

はやぶさ2には小型の衝突装置(SCI)が搭載されており,これは秒速2kmで小惑星表面に衝突してクレーターを形成する.このクレーターは小惑星内部を覗くための小窓であり,リモートセンシング観測やサンプル回収から,小惑星表面の宇宙風化や浅内部構造に関する知見を得る.一方, SCIが衝突する様子は分離カメラ(DCAM3)により撮影され,イジェクタカーテンの拡大する様子や小惑星周囲を飛び交うダストを観察する. SCIによる小惑星への衝突は宇宙衝突実験ともいえる.我々はこの世界で最初の小惑星における宇宙衝突実験の機会を利用して,微小重力下における「本物の小惑星物質」のクレーター形成過程を明らかにする.

Journal

  • Planetary People - The Japanese Society for Planetary Sciences

    Planetary People - The Japanese Society for Planetary Sciences 22(3), 152-158, 2013

    The Japanese Society for Planetary Sciences

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009660454
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10446455
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0918-273X
  • NDL Article ID
    024906001
  • NDL Call No.
    Z15-791
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top