近赤外光を用いた脳計測システム(NIRS装置) (小特集 医用電気機器実用化への最前線) -- (産学と病院の取組み)  [in Japanese] Near Infrared Spectroscopy Calculates Hemoglobin Parameters in Brain  [in Japanese]

Author(s)

    • 江田 英雄 EDA Hideo
    • 光産業創成大学院大学光医療健康分野 Medical Optics, Healthcare, The Graduate School for the Creation of New Photonics Industries

Abstract

近赤外分光法Near Infrared Spectroscopy (NIRS)は,波長800nm付近の近赤外光を生体に照射して数cm離れた場所で光を計測し,生体のヘモグロビンに関連した値を計算するシステムである.脳研究ではイメージングの装置が広く用いられているが,NIRS開発は日本が世界をリードしてきた.今回NIRS装置をIEC国際規格に申請し,日本人がプロジェクトリーダーとなった.現在コミッテイドラフト(CD)の投票待ちである.NIRS装置の概要と,IEC申請の経緯と現状を報告する.

Journal

  • The Journal of the Institute of Electronics, Information, and Communication Engineers

    The Journal of the Institute of Electronics, Information, and Communication Engineers 96(9), 694-698, 2013-09

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009660613
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1001339X
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0913-5693
  • NDL Article ID
    024873255
  • NDL Call No.
    Z16-192
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top