科学館と大学・来館者の「つながり」がもたらす可能性とその試み : 名古屋市科学館開館50周年記念イベントにおける展示開発と実践 Possibility and the Trial based on "connection" between the Science Museum and Universities or Visitors : Development of Exhibitions for the 50th Anniversary Eventof the Nagoya City Science Museum

この論文をさがす

著者

抄録

近年,博物館はモノを展示するだけではなく,来館者にモノの魅力を伝え,知識と学びを与える場になっている。このため,博物館は展示のデザインをはじめ,解説方法,教材の開発,ワークショップの開催等,多くの工夫と試みが必要となっている。本研究では,これらの点について,2つの「つながり」から博物館の可能性について論じる。1つは,科学館と大学が連携をして展示開発や教材開発等を行う「雑居ゼミ」の活動を通じて,博物館の連携のあり方を提案する,もう1つは,来館者に焦点をあて,来館者の博物館体験から展示のあり方を模索する。これらの点をふまえ,本論文では,2012年11月に名古屋市科学館開館50周年記念のイベントを雑居ゼミで開催したので報告する。

In recent years, the museum not only exhibits objects, but also tells the feature of objects and gives knowledge and an opportunity to study to visitors. Therefore, the museum comes to need many trials such as a design of the display, a commentary method, the development of the teaching materials, the holding of the workshop and so on. In this study, we discuss new trials about the possibility of the museum from two "connections" about these points. 1) through the activity of "ZAKKYO (=mixed) seminar" that universities cooperates with the science museum, we suggest the way of the cooperation of the museum, 2) we focus on the museum experience of the visitor and seek the way of the display from the experience. It is based on these points, we report that "ZAKKYO seminar" held an event of the 50th anniversary of Nagoya City Science Museum.

収録刊行物

  • 情報文化学会誌

    情報文化学会誌 20(1), 10-17, 2013

    情報文化学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009660647
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10540318
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1340-6531
  • NDL 記事登録ID
    024893845
  • NDL 請求記号
    Z14-B152
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR  NDL-Digital 
ページトップへ