自転車共同利用システムの検証と包絡分析法を用いた計画手法の提案  [in Japanese] STUDY ON PLANNING FOR BIKE-SHARE SYSTEM BY USING DEA  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年の環境問題や健康ブームなどから,交通手段としての自転車利用が注目されている.その中で欧州・北アメリカでは自転車をシェアして利用する自転車共同利用システム(BSS)が運用されており,都心部における大規模な交通システムの一つとして利用されている.しかし,筆者らのケーススタディーによるとその計画手法は事業体によって様々であり,一定の計画手法は見つからない.また,GISを用いた先行事例研究では,地理情報とBSSのステーション利用者数との間に目立った相関はなかったが,同時にステーション利用者数とそのステーション規模との間にも十分な相関が見られなかった.そこで,本研究においては自転車共同利用システムの計画手法の確立を目標とし研究を進めた.研究手法としては,BSSのステーション規模決定の最適化を行うために小規模シミュレーションを行い,包絡分析法による評価を行った.シミュレーションによって得られた各計画規模に対して包絡分析法を用いることにより,利用者数や全体必要自転車数などの各出力に優れた計画規模が得られたことが本研究における大きな成果の一つである.

Especially in urban areas, using a bicycle as a transportation mode has been attracting more public attention because of air pollution, heavy traffic jams, and lack of sufficient exercises. In order to prompt citizens to use bicycle, bike-share systems have been established. However, lack of sufficient study has leaded to less number of users in the systems than expected. First of all, the authors researched in cases of foreign bike-share systems by using GIS. As a result, there was little consistency in deciding a scale of stations and number of users. They solved this problem by establishing decision making system using DEA method. Since DEA identifies a "frontier" on which the relative values unlike Ordinary Least Squares, the system extracted as a result of DEA is successfully characterized as an extreme point feature which would enable companies wanting to develop a BSS system to easily develop the best one under some circumstances.

Journal

  • 日本高専学会誌 = Journal of the Japan Association for College of Technology

    日本高専学会誌 = Journal of the Japan Association for College of Technology 18(4), 67-72, 2013-10

    The Japan Association for College of Technology

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009661724
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12492360
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1884-5444
  • NDL Article ID
    024993810
  • NDL Call No.
    Z71-B99
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top