たましゐをいれべきてには : 副助詞論の系譜 Genealogy of Research on Japanese Adverbial Particles

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

姉小路式と呼ばれる中世の秘伝書群に「たましゐをいれべきてには」という条があり,そこには「ただ」「なほ」「など」「いとど」という副詞と「だに」「さへ」という助詞が挙げられている。これら6語が一括りにされている理由を探る。最初に「てには」の歴史を概観し,中世の「てには」という術語の使い方では,助詞と副詞を一括りにすることが不自然でなかったことを確認する。次に,6語を検討して,副助詞との関連が特に強い副詞と副詞との関連が特に強い副助詞が主として選ばれていることを指摘する。そこから,「たましゐをいれべきてには」の根底に,ある種の副助詞とある種の副詞の間に意味的な同質性を認める視点のあったことが読み取れる。最後に,これと同型の視点は,助詞と副詞を区別するようになった近世以降にも散見され,それらを繋ぐと,富士谷成章-山田孝雄-森重敏という副助詞論の系譜が描けることを述べる。姉小路式もこの系譜に位置づけられる。

Japanese particles and adverbs were generally called Teniha in the Late Middle Japanese grammar. In the Anegakojishiki, a collection of historical records edited in 16th century, four adverbs, i.e., tada 'only', naho 'also', nado 'why' and itodo 'even more', and two adverbial particles, i.e., -dani 'even' and -sahe 'even', were classified into one group named Tamashii-o irebeki Teniha, and were regarded as important expressions for composing waka. This implies that the editor(s) of the Anegakojishiki recognized that the six words shared a common semantic property, and the similarity between some adverbs and particles were regarded as important for the grammatical analysis of Teniha. Although adverbs and adverbial particles have been regarded as different categories since the Early Modern period, the recognition on the importance of the similarity between adverbs and particles has been inherited to the Japanese linguists such as FUJITANI Nariakira, YAMADA Yoshio, and MORISHIGE Satoshi.

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 9(2), 1-15, 2013

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009662329
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-5119
  • NDL 記事登録ID
    024426393
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ