無線通信におけるユニークワードの検出方式の性能評価 (スマートインフォメディアシステム) Performance of Unique Word Detection Method in Wireless Communications

この論文をさがす

著者

抄録

通信における送信情報のビットストリームは,短いビットストリームのパケットに分割されたパケット構造をもつことが多い.パケットの先頭にはパケットの同期確立のためのユニークワードが存在する.ユニークワードを検出できないと,そのユニークワードを含むパケットからの情報再生ができなくなり,再生品質が著しく劣化する.通常,無線通信の送信機では伝送誤り対策のため,情報パケットのストリームに対して,誤り訂正符号化により情報パケットのパロティ検査ストリームを生成し,両ストリームを送信する.受信機では,誤り訂正復号された受信情報パケットのストリームからユニークワードを検出する.著者らは以前,復号された受信検査パケットのストリームからもユニークワードを検出する手法を提案したが,本稿では,同期検出確率と伝送効率の関係を明らかにする.

Transmitted information bit sequence in communications is often divided into short bit sequences called packets. Each packet is preceded by unique word and the unique word assists the synchronization procedure in the receiver. The detection of the inserted unique word is important to capture the packet. The detection is required to be robust against the transmission errors in wireless environments. The bit sequence is protected by error correction encoding and the codeword sequence is transmitted in such environments. Assuming systematic encoding, the codeword sequence consists of the information sequence and the parity check sequence. This study proposes a technique to improve the detection performances of these inserted words using both the received information sequence and the received parity check sequence.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(348), 35-38, 2012-12-13

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009666994
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1196239X
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    024195759
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ