曝露反応妨害法が奏功した身体醜形障害を伴う強迫性障害の一治療例(実践研究,<特集>社会福祉と行動療法) Obsessive-Compulsive Disorder With Body Dysmorphic Disorder: Case Study of Successful Treatment Using Exposure and Response Prevention

この論文をさがす

著者

    • 大塚 明子 OTSUKA Akiko
    • 千歳こぶしクリニック北海道医療大学大学院看護福祉学研究科 Chitose Kobushi ClinicGraduate School of Nursing and Social Services Health Sciences University of Hokkaido

抄録

本研究は、17歳の身体醜形障害(BDD)を伴う強迫性障害(OCD)の女性患者に対して、曝露反応妨害法(E/RP)を中心とする認知行動療法(CBT)を行った結果、 CBT開始3か月間で不潔恐怖を主とする強迫観念、強迫行為やBDD症状に改善がみられた事例の報告である。治療においては、治療への動機づけや継続性を高める心理教育、治療意欲を高める課題を設定し、宿題でE/RPを繰り返し、成功体験をセルフモニタリングすることを通して、セルフコントロール力を高めることに重点が置かれた。最後に、本研究の結果をもとに、OCDと生物学的ならびに認知行動学的な共通性が指摘されているBDDに対するCBTの効果について考察した。

The present case study reports treatment with cognitive-behavioral therapy (CBT) using exposure and response prevention (E/RP) for a young woman with obsessive-compulsive disorder (OCD) with body dysmorphic disorder (BDD). This 17-year-old woman was treated successfully in 3 months for reductions in obsessions and compulsions, which mainly consisted of mysophobia and body dysmorphic disorder symptoms. The treatment focused on enhancing her motivation and maintenance to the treatment with psycho-education, and her self-control through successful experiences in homework. The effectiveness of cognitive-behavioral therapy for body dysmorphic disorder was discussion. It was hypothesized that body dysmorphic disorder shares common biological and cognitive-behavioral features with obsessive-com-pulsive disorder.

収録刊行物

  • 行動療法研究

    行動療法研究 29(2), 171-181, 2003-09-30

    一般社団法人日本認知・行動療法学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009668021
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084471
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    09106529
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ