移植と最先端医療 移植(1)肝臓 成人生体肝移植 : 術式の変遷と血液型不適合移植の進歩  [in Japanese] Transplantation and the Most Advanced Medical Treatment : Transplantation(1)Liver : Living Donor Liver Transplantation : Development of the Operative Procedure and ABO-incompatible Transplantation  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

生体肝移植は、年間400〜450例施行されており末期肝不全の標準治療として普及している。成人生体肝移植は、1993年に左肝グラフトを用いて始められたが、十分なグラフト肝容量を確保することが困難であったため、適応症例は限定的であった。1996年、右肝グラフトでの成功報告以来、成人症例が急激に増加した。同時に、右肝切除を行われたドナー合併症の増加が問題となってきた。ドナーの安全性を確保するため、過小グラフトを用いた症例においてHepatic venoplasty , Port caval hemi shunt術などの新しい術式が考案された。,生体ドナーは近親者に限られるため、血液型が不適合となる頻度が高くなる。このため、本邦では血液型不適合移植が発展してきた。血液型不適合移植では、通常の臓器移植に認められる細胞性拒絶に加えて、液性拒絶が問題となる。2004年、Bリンパ球抑制による抗体産生抑制を目的としたリツキシマブが導入されたのを機に術後成績が向上した。液性免疫拒絶発症率はリツキシマブ非投与群で25.5%であったのに対し、投与群では6.2%、5年生存率は非投与群で48.4%であったのに対し、投与群で69.6%であった。,臓器移植後の免疫状態は、免疫抑制剤の血中濃度を指標として経験的に類推しているのが現状であり、免疫応答を的確に反映した監視法の確立が切望されていた。大段らは、リンパ球混合試験に改良を加えることにより術後経過と、抗ドナーCD4T細胞、CD8T細胞のStimulation Index、および反応性CD8T細胞のIL2レセプターの表出率との関係を解析し、患者の免疫抑制状態を評価するためのアルゴリズムを作成した。この方法はすでに臨床に導入されている。

Living donor liver transplantation (LDLT), which has been widely used as standard treatment for end-stage liver failure, is performed in 400-450 patients per year in Japan. Adult LDLT has been increasingly performed since the first successful LDLT using a right liver graft in 1996. At the same time, the increased incidence of complications in the donor, who undergoes right hepatectomy, has become a serious problem. To ensure donor safety, novel surgical procedures such as the hemi-portocaval shunt and hepatic venoplasty were devised in LDLT with a small-for-size graft. ,Advances in ABO-blood-type-incompatible LDLT (ABO-I LDLT), through innovations in B cell desensitization aimed at preventing antibody-mediated rejection (AMR), have expanded the donor pool in Japan.,Rituximab prophylaxis was introduced widely in 2004 and significantly improved survival rates after ABO-I LDLT. The incidence of AMR was 6.2% in the rituximab-treated group, whereas it was 25.5% in the rituximab non-treated group.,Patients undergoing LDLT receive immunosuppressants according to empirical protocols, which consider the risks of under- versus oversuppression. However, an individually optimized immunosuppressive protocol developed on the basis of immune monitoring would help prevent these undesirable effects. Ordan et al. developed a new immune monitoring method using a multiparametric, mixed lymphocyte reaction assay and an optimized immunosuppressive protocol.

Journal

  • Journal of Tokyo Women's Medical College

    Journal of Tokyo Women's Medical College 84(1), 1-8, 2014-02

    Tokyo Women's Medical University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009676511
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00161368
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0040-9022
  • NDL Article ID
    025331441
  • NDL Call No.
    Z19-400
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top