創発的コラボレーションを促すワークショップの活動構成 : アナロジカル・ジグソーメソッドの効果の検討(<特集>情報化社会におけるインフォーマルラーニング) The Structure of Activity Model for Workshops to Generate Creative Collaboration : Evaluation of The Analogical Jigsaw Method(<Special Issue>Informal Learning in the Information Society)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は,協同制作を課題とした大学生向けのワークショップにおいて,創発的コラボレーションを促すプログラムの活動構成の指針を示すことである.本研究では,ジグソーメソッドと類推の効果を組み合わせた「アナロジカル・ジグソーメソッド」という活動構成を仮説として設定した.アナロジカル・ジグソーメソッドのほかに,ジグソーメソッドと類推の有無によって合計4群の活動構成を設定し,それぞれ2回(各6-7グループ)の実践を行い,各グループの制作プロセスを質的に分析した.その結果,アナロジカル・ジグソーメソッドによって活動を構成すると,創発的コラボレーションが促されることが示唆されたほか,視点の相違から類推が活用され,さらにそれが異なる視点から再解釈されたり,複数の概念を結びつけたりする可能性が示された.

In this study, we propose a new organizing principle for productive workshops. The hypothesis proposes that creative collaboration is promoted by what we call the "Analogical Jigsaw method," which is expected to combine the effects of analogy and the Jigsaw method. We conducted eight workshops for students, with two sessions on each of the following four methods: the Analogical Jigsaw method, a standard Jigsaw method, an analogical method without a Jigsaw structure, and a standard program. Analyzing the process of collaboration in each session suggested that creative collaboration is promoted in the sessions based on the Analogical Jigsaw method, and we also found that participants actively applied analogies, interpreted them from different perspectives, and used them to combine multiple ideas.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 37(3), 287-297, 2013

    日本教育工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009684858
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL 記事登録ID
    025083690
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ