ロールプレイを活性化する触媒としての人形劇 : 多様な視点からの洞察を促すための対面協調学習環境(<特集>情報化社会におけるインフォーマルラーニング) Puppetry as a Catalyst in Role-Play : A Face-to-Face Collaborative Learning Environment that Facilitates Various Insights into the Perspectives(<Special Issue>Informal Learning in the Information Society)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ロールプレイはさまざまな分野の学習において,学習者の視点の拡大や転換を促進する強力な学習方法として知られている.本稿では,とくに複雑で非構造的な(ill-structured)問題状況下におけるコミュニケーションや意思決定についてロールプレイする上で,対面協調学習の中で人形劇を使うことで,これまでにない多様な視点からの洞察を促す可能性について議論する.複数の人形を操作して人形劇をすることで,演者である参加者と,直接演じている人形との間の心理的距離を作り出すとともに,多様な役割で演技をしやすくすることができる.本稿ではこれを理論的に示した後,人形劇のロールプレイによって演者がより現実的な状況を再現するように様々な役割を演じることを事例研究から示した.そして,そうした人形劇をロールプレイの媒介として利用する上で,学習支援テクノロジの可能性について議論した.

Role-play is a powerful learning strategy that promotes the learners to broaden their perspectives in various learning subjects - not only in humanity but also in science. In this paper, we will introduce a new possibility of puppetry as a device to facilitate the gaining of various insights into the perspectives of others in collaborative face-to-face role-play - especially for role-play in decision making in complex and ill-structured situations. Using puppetry with multiple puppets creates a psychological distance from the player's identity, allowing the players to play various roles based on their various perspectives. The case study of the puppetry role-play shows that the players can play various roles as though in a realistic situation. The possibility of puppetry as a catalyst interface for face-to-face CSCL systems is discussed.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 37(3), 319-331, 2013

    日本教育工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009684861
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL 記事登録ID
    025083842
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ