音楽教室における子どものインフォーマルラーニング(<特集>情報化社会におけるインフォーマルラーニング) Children's Informal Learning in a Music School(<Special Issue>Informal Learning in the Information Society)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

子どもにとって主な音楽学習の場は,学校の音楽室と,一般的に"習い事"と称されている企業の音楽教室や街の音楽教室である.本資料では,筆者の音楽教室で取り入れている情報通信技術,情報通信技術を活用したインフォーマルラーニングの事例を紹介した.具体的には,(1)ピアノ教育雑誌に掲載された情報通信技術に関連する記事,筆者の音楽教室,学校音楽教育における情報通信技術の活用状況を提示した.(2)情報通信技術による音楽聴取機会の増加,情報通信機器の操作スキルの向上等により,子どもたちが音楽演奏へのアプローチの仕方を変化させていること,とりわけ保守的なピアノ教育の現場で,このような動きが子どもたちから自然に生まれてきていることを示した.(3)子どもの音楽学習でインフォーマルラーニングが発展する背景や要件,身につけたスキルを認定することの難しさ等,今後の課題について言及した.

Children learn music mainly either in a school music room environment or, on evenings or at weekend, at music schools run by either companies or individual music teachers. This paper introduces examples of an informal approach to learning music that makes good use of information and communication technology (ICT). Specifically, (1) the paper presents articles published in piano teaching journals that refer to the use of ICT, and describes how ICT is used at the author's own music school and music education in public schools. (2) Due to the increased opportunities children have to hear music using ICT and their high level of ICT skills, their approach to music performance is in a state of constant change. It is noteworthy that this change is being driven spontaneously by children taking piano lessons at school, traditionally a conservative area. (3) Finally, the paper discusses future issues, including the background to, and requirements for, the development of informal learning in children's music study, and difficulty in certifying the skills children acquire.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 37(3), 333-341, 2013

    日本教育工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009684862
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL 記事登録ID
    025083892
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ