まぐろはえ縄漁業における混獲回避技術の開発と評価 Development and Evaluation of Bycatch Mitigation Measures in Tuna Longline Fishery

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 横田 耕介 YOKOTA Kosuke
    • 独立行政法人水産総合研究センター開発調査センター Marine Fisheries Research and Development Center, Fisheries Research Agency

抄録

本研究開発を体系的に捉えるために,まず混獲の発生機構に関して:1)操業と混獲生物の分布が時空間的に重複する;2)混獲生物が釣餌の存在を知覚し接近する;3)漁具と接触する;4)釣針に掛かる;5)死亡する,というように段階毎に整理を行った。次に,これらの発生機構・段階に応じて,1)混獲生物と漁具の分布の重複を避ける方法,2)餌のついた釣針の認識や誘因を防止する方法,3)混獲生物の漁具への接触を妨害する方法,4)接触しでも針掛かりが起こらないようにする方法,5)針掛かり後の死亡を低減する方法,といった5つのアプローチを念頭に技術開発と評価を実施した。これらの詳細に関しては,清田・横田で解説を行っているので参照されたい。なお,混獲回避技術を混獲生物の種類別に紹介した総説は,他にもいくつか発表されているが,複数の混獲種を横断的に取り扱った技術解説は,これまでのところ清田・横田のみである。実際に,特定の混獲回避技術の開発と評価を行うにあたっては,混獲回避効果のみならず,漁獲対象種と非漁獲対象種の釣獲への影響や実用性の検討までを,モデル解析の手法を適用しながら総合的に行った。著者の研究グループでは,様々な手法に関して多岐に渡る検討を行ったが,本報では漁具漁法的なアプローチを基本に,著者が主に取り組んだ海鳥類及び海亀類の混獲回避技術の開発と評価に関して,いくつかのトピックをまじえて紹介する。

There is a growing need for ecosystem-based fisheries management. Proper assessment and management of the impacts of fisheries on non-target (bycatch) species are required. Scientists have conducted various research and development to solve the issues in the interaction of tuna longline fisheries with the bycatch species worldwide. Recently, tunas Regional Fisheries Management Organizations (RFMOs) have implemented Conservation and Management Measures (CMMs) for bycatch species (e. g., seabirds and sea turtles). In Japan, the author have developed and evaluated various mitigation measures for reducing bycatch and/or mortality of seabirds and sea turtles in tuna longline fishery. The present paper introduces several approaches of the bycatch mitigation measures (tori line and side setting for seabirds, and circle hook, bait modification and de-hooking device for sea turtles) based on fishing gear technology, highlighting some interesting topics.

収録刊行物

  • 日本水産工学会誌

    日本水産工学会誌 50(2), 85-92, 2013

    日本水産工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009686661
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10278554
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    0916-7617
  • NDL 記事登録ID
    025131507
  • NDL 請求記号
    Z18-1327
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ