投入式ブロックの散乱制御に関する実験 Laboratory Tank Experiment on Scattering Control of Falling Blocks

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

大水深化に伴う海底山脈の大規模化を極力抑えるため,少ないブロックで効果の高い海底山脈を構築する技術が望まれている。また,直近の事業では魚礁効果の向上および再生資源の利用促進のため,石材で構築された海底山脈がリサイクルブロックで被覆されており,ブロックの散乱を抑える必要性が高まっている。既往事業においても,散乱を減少させる工夫が試みられた。例えば,作業船から同時に投入するブロックや石材の数を減らし投入開始範囲を狭め,船底の開口速度を調節して開口幅を段階的に広げる方法等が試みられたが,効果は限定的であった。これまで,ブロックや石材の散乱を抑える対策は作業船上での操作に限られ,投入後,落下するブロックの運動を制御して散乱を抑える研究はなかった。

Nine artificial sea-mounts have already been constructed in rather shallow waters (i.e. less than 100 m). There is a strong demand for artificial sea-mounts in deeper waters to create a larger fertilized area for fishing. It is essential to construct an artificial sea-mount with the least number of blocks with the least scattering of blocks because the blocks tend to scatter during the drop, particularly with an increase in depth. The more the water depth increases, the more the blocks scatter on the ocean floor. It has been experimentally demonstrated through water tank experiments that scattering can be minimized by connecting four blocks loosely with rope or wire.

収録刊行物

  • 日本水産工学会誌

    日本水産工学会誌 50(2), 119-124, 2013

    日本水産工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009686665
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10278554
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    0916-7617
  • NDL 記事登録ID
    025131656
  • NDL 請求記号
    Z18-1327
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ