フットステップ錯視アートの設計法(応用) Methodology of Footsteps Illusion Art(Application)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 小野 隼 Ono Jun
    • 明治大学大学院先端数理科学研究科 Graduate School of Advanced Mathematical Sciences, Meiji University
    • 友枝 明保 Tomoeda Akiyasu
    • 明治大学先端数理科学インスティテュート:JST,CREST Meiji Institute for Advanced Study of Mathematical Sciences, Meiji University:CREST, Japan Science and Technology Agency
    • 杉原 厚吉 Sugihara Kokichi
    • 明治大学大学院先端数理科学研究科:JST,CREST Graduate School of Advanced Mathematical Sciences, Meiji University:CREST, Japan Science and Technology Agency

抄録

フットステップ錯視とは,縞模様の前をオブジェクトが等速運動するとき,それが別の動きに見える錯視である.本稿では,計算によって最も錯視が起こるオブジェクトの幅を確認し,錯視効果が最大となる条件について考察し,二つのオブジェクトの幅と距離の関係を8つのパターンに分類し,それを利用した新しい錯視作品を創る.また,フットステップ錯視を現実社会に利用・応用する可能性も提案する.

This paper studies an optical illusion called "footsteps illusion". We consider mechanisms of this illusion, formulate the conditions for maximizing the strength of the illusion and classify the apparent motions into eight patterns according to the widths of a pair of objects and their distance. We create new illusion artworks by combining these eight patterns.

収録刊行物

  • 応数論文誌

    応数論文誌 23(4), 585-600, 2013

    一般社団法人 日本応用数理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009686672
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10367166
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0917-2246
  • NDL 記事登録ID
    025133051
  • NDL 請求記号
    Z15-727
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ