保育本来の遊びが障害のある子どもにもたらす意義:―「障害特性論に基づく遊び」の批判的検討から― The Meaning of "Play as Hoiku" for Children with Special Needs ::A Critical Review of "Play at Deficit Theory"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は,障害のある子どもがいる保育にとって,すべての子どもが充実した遊びを行うための示唆を提起することであった。研究方法として,特別支援学校幼稚部の遊びを分析対象とした。その結果,以下のポイントが明らかになった。第1に障害特性論から脱却することが遊びの充実につながること,第2に,個々の子どもの遊びの構えに着目すること,第3に,遊び込むための構造化を考えること,第4に,集団のノリを生むための教師の役割を振り返ること,であった。最後に,障害特性論の脱却のためには,保育独自の個別の指導計画の開発が必要であることを提起した。

The purpose of this study was to submit suggestions that all children can enjoy play in inclusive settings. I analyzed from the case of practices in departments of early childhood in special support school. The results were as follows: (1) get rid of deficit theory to improvement of play, (2) pay attention to the playing disposition of individual children, (3) think about structured settings to get absorbed play, (4) rethink the role of teacher to include "Nori" in classroom. Finally, I submitted that the development of the form of individualized teaching plans fitted in preschools and kindergartens to get rid of deficit theory.

収録刊行物

  • 保育学研究

    保育学研究 51(3), 295-306, 2013

    一般社団法人 日本保育学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009686805
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10378027
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1340-9808
  • NDL 記事登録ID
    025097564
  • NDL 請求記号
    Z41-42
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ