声の認識 : 声の様態が年齢推定に与える影響 Voice recognition : The effect of voice modification on age estimation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Earwitness研究は、声の再認に関する研究と声から人物識別判断を行う研究の2つに大別される。本研究は後者の研究領域に位置づけられるものであり、その中でも声の様態変化が年齢判断に与える影響について検討することを目的とした。実験1では、声の偽装手段として実際の犯罪場面でしばしば用いられる、「ささやき」の影響について検討した。その結果、ささやくことにより、通常の発話よりも年齢が高く推定されることが示された。刺激として用いた音声を分析した結果、ささやくことにより声が全体的に高くなり、音圧レベルは全体的に小さく変化していた。そこで実験2で声の高さ、実験3では声の大きさを操作した。その結果、実験2では男性発話者は一音下げた条件において年齢が高く推定されることが見出されたが、実験3では条件間に差はみられなかった。これら一連の研究から、声からの年齢判断においては声の高さの変化が大きく影響し、声の大きさの変化は判断に影響を与えない可能性が示された。

In this studies the effect of vocal conditions on age estimation were explored. In Experiment 1, the mode of voice such as whisper was examined. This is because whisper was easily realized by the speaker and it is known that in real criminal situation such modifications of voice has been used. The results showed that participants estimated whisper voices older than usual unmodified voices. According to the analysis of whisper voices, whisper voices were higher in pitch and smaller volume than usual unmodified voices. So in Experiment 2, we handled pitch level or volume (Experiment 3) of target voices. In Experiment 2, the results showed that when targets were male voice, participants estimated the voice older in high pitch level condition than in other conditions. In Experiment 3, there weren't significant differences among voice mode condition. From the experimental results it is found that the change of pitch level affected age estimation, but the change of voice volume didn't affect age estimation.

収録刊行物

  • 法と心理

    法と心理 6(1), 71-84, 2007

    法と心理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009687331
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11607809
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1346-8669
  • NDL 記事登録ID
    8889982
  • NDL 雑誌分類
    ZA11(政治・法律・行政--法律・法律学) // ZS2(科学技術--心理学)
  • NDL 請求記号
    Z71-F949
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ