認知インタビューの有効性に及ぼす被面接者の性格特性の影響 The Impact of Interviewee's Personality Characteristics on the Effectiveness of the Cognitive Interview

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

認知インタビュー(Cognitive Interview:以下CI)は認知心理学の実験的知見をもとにFisherとGeiselmanによって開発された記憶促進のための事情聴取方法である。想起方法としてCI技法を用いない標準インタビュー(Standard Interview:以下SI)とCIの2条件を設けて比較した従来の研究では、CIはSIよりも正確な情報を引き出すことが明らかにされている。本研究では2つの実験において、CIの有効性に及ぼす目撃者の性格特性の差異の影響を検討した。すなわち、参加者を向性テストの結果によって外向性高群と外向性低群に分けた後、銀行強盗の短いビデオを呈示した。実験1ではSI条件とCI条件を比較した。実験2では全員がCIを受ける前に、CI技法による想起の経験か、CI技法によらない想起の経験のいずれかを行った。その結果、CIの有効性は目撃者の性格特性によって影響を受けることが明らかとなった。これらの結果についてはCIにおけるラポール形成の面から考察した。

The Cognitive Interview (CI) is a memory-enhancing technique derived from the experimental literature of cognitive psychology, which was originally developed by Fisher and Geiselman. Previous experimental studies, which compared the CI with the standard interview (SI), showed that CI elicited more correct information than did SI. Two experiments investigated whether interviewee's personality characteristics affected the effectiveness of the CI. All the participants, who were separated into high and low extraverts on the basis of a personality version test, viewed a short video clip of a bank robbery. In Experiment 1, they were interviewed with the CI or SI. In Experiment 2, all the participants, who would be interviewed with the CI, engaged in the pre-interview remembering using either a guided retrieval or a simply rote retrieval. The main results indicated that the effectiveness of the CI was dependent on interviewee's personality characteristics. These results are discussed in terms of the rapport-building stage of CI.

収録刊行物

  • 法と心理

    法と心理 7(1), 83-92, 2008

    法と心理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009687345
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11607809
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1346-8669
  • NDL 記事登録ID
    9645211
  • NDL 雑誌分類
    ZA11(政治・法律・行政--法律・法律学) // ZS2(科学技術--心理学)
  • NDL 請求記号
    Z71-F949
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ