科学的証拠にもとづく取調べの高度化 : 司法面接の展開とPEACEモデル(<特集>エビデンスにもとづく取調べの科学化) Improve investigative interviewing skills using scientific evidence : Development of forensic interviews and implications from the PEACE model(<The Special Report>Make it more scientific: Improving the forensic interviews based on the scientific evidence)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

司法面接の目的の一つは、正確な情報をできるかぎり多く収集することだが、それは話をよく聞いてもらうという被面接者の権利を守ることでもある。本論では目撃者への面接(認知面接)、被害者への面接(MOGP、NICHDプロトコル等)、被疑者への面接(PEACEモデル)に関する研究成果を振り返り、実務に対してどのような貢献が可能かを考察する。

The aim of a forensic interview is to collect as much accurate information as possible to ensure a person's right to be heard. In this paper, we briefly reviewed the results of research on forensic interviews with eyewitness (the Cognitive Interview), victims (MOGP: Memorandum of Good Practice and the NICHD investigative interview protocol), and suspects (the PEACE model), and discuss our contributions to the practices.

収録刊行物

  • 法と心理

    法と心理 12(1), 27-32, 2012

    法と心理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009687413
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11607809
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1346-8669
  • NDL 記事登録ID
    024052420
  • NDL 請求記号
    Z71-F949
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ