司法臨床の可能性 : もう一つの法と心理学の接点をもとめて(<特集>「司法臨床」の可能性:司法と心理臨床の協働をめぐって) The Possibilities for "Forensic Clinical Psychology" in Japan : An Alternative Orientation for Collaboration of Law and Psychology(<The Special Report>The Possibilities for "Forensic Clinical Psychology": On the Collaboration of Law and Psychology)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

司法臨床は新しい概念であり有望ではあるが曖昧な概念であり本稿ではいくつかの視点から検討を行った。まず弁護士として家事事件を扱う立場、家庭裁判所の調査官の立場、加害者治療の立場、カナダにおける問題解決型裁判所の視察を行った立場からのそれぞれの司法臨床のあり方について検討を行った。次に司法臨床の根本にある問題解決を支えるために必要なシステム論、法と心理の協働のための理論であるモード論について紹介を行った。最後に、司法臨床と類似の考え方である犯罪心理学や治療法学と比較を行うことでその異同を明らかにしつつ、司法臨床の今後の可能性について論じた。

Forensic Clinical Psychology is a new and promising concept in Japan. Because of its newness, its definition is rather vague. This article examines the viewpoints and opinions about the field from the perspectives of four different groups of professionals: 1) lawyers dealing with domestic relations and juvenile delinquency cases; 2) family court ex-probation officers struggling to construe the movement in Japan; 3) clinical sociologists treating sex offenders; and 4) clinical psychologists interested in problem solving court systems who have analyzed this system in Canada. Next, the article introduces the notions of system theory and mode theory to unite law professionals and clinical psychologists. Finally, the concept of forensic clinical psychology is compared to those of criminal psychology and therapeutic justice.

収録刊行物

  • 法と心理

    法と心理 11(1), 26-37, 2011

    法と心理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009687848
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11607809
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    1346-8669
  • NDL 記事登録ID
    11275062
  • NDL 雑誌分類
    ZA11(政治・法律・行政--法律・法律学) // ZS2(科学技術--心理学)
  • NDL 請求記号
    Z71-F949
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ