複線径路・等至性モデルからみる加害者の非人間化プロセス : 「Demonize」と「Patientize」(<サブ特集>法と心理学領域における公正概念の再検討) Demonize or Patientize? : Reasons in Favor of the Death Penalty or Life Confinement(<Featured articles>Rethinking Concepts of Justice and Fairness Through a Transdisciplinary Perspective in the Fields of Law and Psychology)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では、人々が凶悪犯罪に対面しながらも公正世界信念(Belief in a Just World)を維持するために有効な加害者の「非人間化方略」として、「悪魔化」と「患者化」の2つを挙げ、それぞれにおける思考プロセスの可視化を目指した。先行研究の結果から、加害者の非人間化が生じる凶悪事例(EVIL)とそうでない事例(BAD)について、参加者によって記述された判決文(死刑/無期)を、複線径路・等至性モデル(Trajectory Equifinality Model: TEM)を援用してまとめた。その結果、凶悪事例の加害者は両判決文において「一般的でない精神構造」を持つ者と仮定され、そこから派生した加害者の特性ラベリング(悪魔/患者)は、両判決の理由として機能していた。本稿の結果は、凶悪事例の加害者に対する死刑/無期判決を合理化・正当化する際、どちらを前提とした場合でも、人々が公正世界信念を維持できる知識構造を有していることを示すものである。

This study examines the labeling processes of "Demonizing" and "Patientizing," as a dehumanization of the evil perpetrator. It presents reasons for favoring the death penalty or life confinement on serious crimes described by participants in the role of prosecutors or defense based on the "Trajectory Equifinality Model." The figure in the heinous crime showed two processes of labeling the perpetrator. In the reason for death penalty, the perpetrator was labeled the "evil" character, while in that for life confinement, the perpetrator was labeled the "psycho" character. The labels derive from the assumption that the perpetrator has an abnormal mental structure. This study proposes that two dehumanizing strategies-demonizing and patientizing-are used to maintain the belief in a just world and issue a death penalty or a sentence of life imprisonment.

収録刊行物

  • 法と心理

    法と心理 11(1), 40-46, 2011

    法と心理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009687850
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11607809
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    1346-8669
  • NDL 記事登録ID
    11275107
  • NDL 雑誌分類
    ZA11(政治・法律・行政--法律・法律学) // ZS2(科学技術--心理学)
  • NDL 請求記号
    Z71-F949
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ