最小コストフローを用いた指定長配線手法  [in Japanese] A Routing Method Using Minimum Cost Flow Algorithm for Routes with Target Wire Lengths  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 山根 一夫 YAMANE Kazuo
    • 東京農工大学大学院工学府電気電子工学専攻 Department of Electrical and Electronic Engineering, Tokyo University of Agriculture and Technology
    • 藤吉 邦洋 FUJIYOSHI Kunihiro
    • 東京農工大学大学院工学府電気電子工学専攻 Department of Electrical and Electronic Engineering, Tokyo University of Agriculture and Technology

Abstract

近年の回路動作の高速化に伴い,配線遅延の影響はますます大きくなっている.そこで,ICチップ,抵抗,コンデンサ等の回路素子が配置されているプリント基板(PCB)上で,指定される目標配線長との差が小さくなるよう配線することが重要になっている.このため,目標配線長との差ができるだけ小さいリバー配線を,最大フローを用いて求める手法CAFE routerが提案されたが,この手法で得られる配線は多くの場合において,長さが目標配線長と少しずれてしまうという問題があった.そこで本研究では,最小コストフローを用いて目標配線長との差が小さくなるよう配線することを目指した手法を提案する.

Journal

  • The Transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. A

    The Transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. A 97(1), 23-32, 2014-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009688193
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10013345
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0913-5707
  • NDL Article ID
    025125104
  • NDL Call No.
    Z16-605
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top