政策評価システムの機能要件 : 高齢者福祉施策を事例に(<小特集2>ポスト福祉国家における政策評価-行政運営との関わりで) The Functional Requirements of the Policy Evaluation System : A Case Study of Elderly Welfare Recipients

この論文にアクセスする

著者

抄録

本稿では,国内の地方自治体における政策評価(行政評価)に焦点をあて,その実態に対して理論的な検討を試みた。政策評価(行政評価)システムが地方自治体で最初に導入されて15年以上,また国に導入されて10年以上が経過しており,総務省の調査よれば,2002(平成14)年度以降,評価システムの導入自治体数は着実に増加し,いまや半数を超える自治体で何らかの評価システムが導入運用されている。このような状況下において,政策評価は行政運営や政策過程においてどのような役割を果たしてきたのかという観点から,筆者が外部評価委員として参与している2つの自治体における高齢者福祉施策の評価を事例として取り上げ,それらにおいてどのようなタイプの評価システムが構築されているかについて分析した。さらに評価システムの運用実態と今後の課題を整理し,最後に評価システムが機能するための諸要件について明らかにした。

In this paper, we have conducted theoretical studies regarding the realities of the policy evaluation conducted by local governments in Japan. Local governments first introduced the policy evaluation system more than 15 years ago, with the national government introducing the system five years later. According to a survey conducted by the Ministry of Internal Affairs and Communications, the number of local governments introducing the evaluation system has been steadily increasing since 2002, with more than half of all local governments operating some kind of evaluation system. We took up as examples two cases evaluating the elderly welfare policy implemented by two local governments, in both of which the author is an external member of the evaluation committee. We analyzed the type of evaluation system constructed by examining the role policy evaluation played in administrative management and the policy-making process. At the same time, we organized operational realities and future issues of the evaluation system. Finally, we clarified the requirements in order to make the evaluation system functional.

収録刊行物

  • 社会政策

    社会政策 5(2), 130-143, 2013

    社会政策学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009688539
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1883-1850
  • データ提供元
    NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ