教育メディアの有効性論争試論 : マルチメディア時代への展望(<特集論文>教育メディア研究)  [in Japanese] Controversy on the Effectiveness of Educational Media : A Short Review(<Special Articles>Problems in Educational Media Study)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

メディアは変わっても、学習はほとんど影響を受けないという主張がある。メディアが学習効率に影響すると思われる場合は、主要要因の未統制、及びメディアの物珍しさ効果の影響を混同していることが多いという。しかし、その後、人の学習は単に情報を忠実に受容し保持するだけではなく、もっと積極的で構成的であると考えられるようになった。メディアからの情報は、短期記憶の中で変形され、長期記憶内の情報と総合されて新しい知識となり、認知構造を再編する。この過程において、マルチメディアを含むメディアの特性が強く影響することが予想され、それを支持するデータが発表されている。

In 1983, R.E.Clark reviewed many of the media comparison research studies, and asserted that media do not influence learning and serve just as delivery vehicles. This claim had a severe influence on media study. In 1991, R.B.Kozma refuted this position. He assumed that the learning process is active and constructive, and concluded that media would influence learning. This article briefly reviews this debate.

Journal

  • Japnese Journal of Educational Media Research

    Japnese Journal of Educational Media Research 1(1), 38-43, 1995

    Japan Association for Educational Media Study

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009691061
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11144471
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1340-9352
  • NDL Article ID
    3300894
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-B545
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top