Web構築支援システムの詳細設計 : ガイドラインの現状とモジュール実装への課題  [in Japanese] Detail Design of A Support System for School Web Developers : Acceptable Use Policies and its module implementation  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

本研究は, Web構築システムを構成するガイドラインモジュール実装のために,個人情報保護条例と教育機関から公開されているガイドラインの現状を分析し、一般的な枠組みの作成を試みた。ガイドラインの枠組みは、1)目的、2)利用形態、3)情報モラル(ネチケット、著作権、個人情報保護、セキュリティ、有害情報)、4)運用/管理、5)接続/開設となった。また、EPSSに基づいて設計されたWeb構築支援システムの構成要素に、ガイドラインモジュールを組み込むためのアプローチを検討した。その結果、「レファレンス」はガイドラインモジュールの情報をWebの点検がしやすい形に整理して提供し、「アドバイザー」はユーザの状況に応じた作業手順やガイドライン情報を提供し、「トレーニング」はガイドライン作成のための教材などを提供し、「ツール」では、素材への著作権情報を付加したリンク集やテンプレートを提供することにした。

The purpose of our study was to analyze the status-quo of Japanese schools' Acceptable Use Policies (AUP), often called the Guideline in Japan, for the Internet uses, so that AUP module of the support system for school Web developers can be designed in detail. It was identified that our AUP module should cover at least five aspects: (1) Web use purposes, (2) the Internet environment, (3) information moral, such as netiquette, copyright, personal information protection, security, and protection from harmful information, (4) management/administration, and, (5) Site establishment. Based on the EPSS framework, the AUP module should provide (1) References with various examples, (2) Advises according to uses' needs, (3) Training to better understand and create AUP for the user's school, (4) Tools for implementing AUP, (5) Glossary, (6) Help, and (7) Work history record. Future tasks to develop a valid and usable support system are discussed.

Journal

  • Japnese Journal of Educational Media Research

    Japnese Journal of Educational Media Research 6(1), 12-19, 1999

    Japan Association for Educational Media Study

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009691125
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1340-9352
  • Data Source
    NII-ELS  J-STAGE 
Page Top