映像メディアと総合的学習に関する研究 Practical Studies on the Visual Media and Integrated Learning

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

総合的学習の実践においては、体験的な学習や問題解決的な学習を取り入れるため、これまで以上に様々な学習環境の積極的な活用が望まれるようになってきた。そこで、小学校における総合的学習の実践事例を全学年にわたって分析し、指導にあたる教師は学習環境をどのようなものとして捉えているか、また、どの学習環境を重視しているかについて分析してみた。その結果、「人的環境」「地域素材環境」「体験的環境」「メディア環境」「空間的環境」「時間的環境」の6つの学習環境を取り出すことができた。そして、「地域素材環境」と「体験的環境」を重要視する度合いが一番高いこと、「人的環境」と「メディア環境」は相対的な関係にあり、低学年では「人的環境」を、高学年では「メディア環境」を重要視していることがわかった。さらに、「メディア環境」の中でも高い利用度を示したのは映像メディアであった。

In order to conduct successful integrated learning, experience-based learning and problem-solving learning, should be highly considered. So that making good use of many kinds of learning environments should also be taken into account. Practical case of integrated learning in elementary schools on all grades has been conducted : the first grade to the sixth grade, and studied what type of learning environment the teachers thought of in mind when they head the word learning environment, and what type of learning environment they consider important. As the results of this research, the following facts are found : the first one is that learning environment is categorized into six: "team-teaching" "local resource" "experience" "media" "space", and "time". and the second one is that teachers consider "local resource" and "experience" most important. The third one, "team-teaching" and "media" are relative. The fourth one is, in the first and second grades, "team-teaching" is regarded as most important, and in the fifth and sixth grades, "media" is thougth of important. The last one is screen media is used most often in "media".

収録刊行物

  • 教育メディア研究

    教育メディア研究 6(1), 25-29, 1999

    日本教育メディア学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009691127
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11144471
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1340-9352
  • NDL 記事登録ID
    5437757
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-B545
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ