総合的学習における「学び」の視覚化による教師の力量に関する研究 Research on Teachers' Competence by Visualizing "Learning Chances" in Integrated Study

この論文にアクセスする

著者

抄録

本研究では、総合的学習の実践において教師に求められる「学び」の場面の読み取りが、総合的学習の実践初心者と研究者ではどのように異なるかを明らかにするために、デジタルカメラで撮影された映像を用いて比較検討を行った。その結果、両者の間には「学び」の場面のとらえに関して、1)教師の方がより従来の教科的な「学び」を取り上げていること、それに比べて2)研究者の方は、コミュニケーションの場面をより多く記録していた、など、大きなちがいがあることが明らかになった。

The aim of this research is focus on teachers' competence to find out "Learning Chance" in activities in integrated study. To make differences of the competence between inexperienced teachers and a researcher clear, the author introduced digital camera to take photographs of "Learning Chances" in an unit of integrated learning. The "Learning Chances" taken by teachers and the researcher were compared in types of learning. Several results such as 1) teachers are more conscious of leaning related to each subjects, 2) the researcher is apt to record more scene of communication, and so on were shown.

収録刊行物

  • 教育メディア研究

    教育メディア研究 6(1), 30-42, 1999

    日本教育メディア学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009691128
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1340-9352
  • データ提供元
    NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ