認知の質に及ぼす映像の効果 : 強力な認知的不協和を喚起する力について An Effect of Image on the Quality of Cognition : A Strong Power of Generation of Cognitive Dissonance

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

認知に及ぼす映像の効果については、これまで感性的認識、情動作用、鏡効果など様々な指摘がなされてきたが、今一歩より細密な解明が待たれているように思われる。授業感想文に表われた学習者の認知的変容の具体を子細に見つめ分析することを通して、"映像ならではの効果"と思われるものを抽出し、まずその内の「強力な認知的不協和を喚起する力」について、レーザー光が鉄板を切っていくシーンをとりあげ、その映像刺激が認知的動態にどのように効いているのかを、言語刺激だけで説明した場合との比較において測定し考察した。それによって、この効果が映像ならではの力と見なし得ることを明らかにした。

The purpose of this paper is to prove a strong power of generation of cognitive dissonance as one of the effects of video-images on the quality of cognition in the learning process. Research was conducted on the scene of LASER cutting off a steel plate of one inch thick. The degree of generation of cognitive dissonance was tested by getting data of learners' responces to the questionnaires after treatments which were two different types that one was Vgp making the students view the video-scene and the other was NVgp given only verbal explanation without seeing video-scene. The results of comparison with the two data proved a stronger genertion of cognitive dissonance in the Vgp than in the NVgp significantly.

収録刊行物

  • 教育メディア研究

    教育メディア研究 6(1), 43-46, 1999

    日本教育メディア学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009691129
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11144471
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    1340-9352
  • NDL 記事登録ID
    5437781
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-B545
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ