葛尾村マルチメディアビレッジ事業の初期段階におけるテレビ電話の受容とニーズ Acceptance and Daily Use of Video Phone At the First Stage of Katsurao-Mura Multimedia Village Project

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

公共施設や学校のほか、村内全戸(470世帯)にテレビ電話を設置し、教育はもとより、福祉や行政など人間生活の全般に活用を図る葛尾村マルチメディアビレッジ事業がスタートし、1年数ヶ月を経過した。本報告においては、平成10年10月に実施した村民宅への訪問調査による、初期段階でのテレビ電話の受容の状況をまとめ今後を展望した。本年度も継続調査を計画しているが、現在のところ基調に大きな変化は認められていない。

Present work was related to the preliminary survey of an acceptance of video phone to the people living in Katsurao-Mura by door to door interviewing at the first stage of "Katsuraomura Multimedia Village Project" in October 1998. The Project started at the beginning of July 1998, it was mainly characterized by setting video phone: NTT "Phenix mini" at all families in the village, being expected to utilize in everyday life as an education, welfare, an administration and so on. The facts of utilization described in this report seems not to be much improved during a year duration.

収録刊行物

  • 教育メディア研究

    教育メディア研究 6(1), 77-81, 1999

    日本教育メディア学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009691133
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11144471
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1340-9352
  • NDL 記事登録ID
    5437854
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-B545
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ