【総説-糖質関連酵素化学シンポジウム-】 糖転移ヘスペリジンの血流改善作用 [Review: Symposium on Amylases and Related Enzymes] Effects of α-Glucosyl Hesperidin on the Blood Circulation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ヘスペリジンは,柑橘類の果皮に多く含まれるフラボノイドで,多岐にわたる生理作用を有するものの水溶性が極めて低いために食品への利用に制限があった。われわれは,シクロデキストリン合成酵素により,ヘスペリジンにα-1,4結合でグルコースを転移させ,水溶性を高めた糖転移ヘスペリジンの生理活性に着目し,血流改善作用について研究を行ってきた。冷え性をモデルとした試験では,局部急速冷却負荷試験および全身緩慢冷却負荷試験の両方において,糖転移ヘスペリジンが末梢の血流や皮膚表面温度を高く維持する作用がみられた。また,糖転移ヘスペリジンを継続摂取することにより,目の下の「くま」が軽減され,肌のハリや柔らかさが改善する傾向が示唆された。血流改善作用の機構として,血管内皮細胞由来のNO(血管拡張物質)の産生促進作用に関する機構と,自律神経を介した機構の2つの関与が示唆された。実際に,糖転移ヘスペリジンをヒトが継続摂取することで,血流や自律神経に関する項目で体調の改善がみられた。以上の結果より,糖転移ヘスペリジンは,冷えや肩こり,腰痛,肌荒れなどの婦人科疾患の改善をはじめ,人々の健康増進に役立つ成分である可能性が示された。

収録刊行物

  • 応用糖質科学:日本応用糖質科学会誌

    応用糖質科学:日本応用糖質科学会誌 1(2), 186-193, 2011

    日本応用糖質科学会

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009691181
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12509099
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    2185-6427
  • NDL 記事登録ID
    11084543
  • NDL 雑誌分類
    ZP24(科学技術--化学・化学工業--糖・澱粉)
  • NDL 請求記号
    Z74-H9
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ