混和材がデサリネーションによる脱塩効果に与える影響  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究は,塩害単独,または,塩害と中性化の複合劣化を想定した混和材を含む鉄筋コンクリート供試体を用いて,デサリネーションを適用した場合の脱塩効果を評価することを目的とした。この結果,混和材を用いた供試体では,コンクリートの中性化に伴う内在塩分の濃縮現象から,塩害と中性化の複合劣化状況下において,厳しい鉄筋腐食環境が形成される可能性が示されたが,デサリネーションを適用した場合には,遊離塩分の除去効果から脱塩効果が大きくなった。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 25(1), 809-814, 2003

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009694341
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    6656729
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top