都市ごみ溶融スラグを用いた鉄筋コンクリート部材の力学的特性  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

環境保全の観点から,平成18年には瀬戸内海全域に亘って海砂の採取ができなくなり,様々な代替骨材の可能性を検討する必要がある。都市ごみ溶融スラグの細骨材としての有効利用もその一つである。本研究では,細骨材の一部を溶融スラグに置き換えたコンクリートをRC部材に用いた場合のひび割れ挙動を含む力学的特性について検討した。その結果,溶融スラグを用いると,RC部材の耐荷力には有意な影響はないが,平均ひび割れ幅および最大ひび割れ幅は増大すること等が明らかになった。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 25(2), 379-384, 2003

    日本コンクリート工学協会

Cited by:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009694581
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    6654574
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    CJPref  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top