海洋環境におけるRC構造物のLCC算定による補修工法および補修時期選定システムの開発  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年RC構造物における所要性能の保持や供用年数の延伸に対する要請に伴い維持管理の必要性や重要性が認識され始めている。このような状況下で、維持管理コストの低減が強く求められLCCが注目されているが、算定方法、評価手法などに関しては確立していない。そこで、本研究では塩害を受けるRC構造物をとりあげLCC算定システムの開発により維持管理案を効率的に選定しコスト管理を行う方法を検討することを試みた。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 25(2), 1945-1950, 2003

    日本コンクリート工学協会

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009694842
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    6656905
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    CJPref  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top