加圧処理を施した繊維補強RPCの微視的構造と力学的特性  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

フレッシュ時に50N/mm^2の加圧処理を施した繊維補強RPC(Reactive P0wder C0ncrete)を作製した。圧縮強度は200℃の養生を行うことにより400N/mm^2を超え,繊維を多量に混入してもほぼ同じ圧縮強度が得られた。このような超高強度の発現は,加圧処理による気泡の除去,セメント粒子の配置の緻密化および毛細管空隙量の減少によるものであることが明らかとなった。繊維を混入することにより初ひびわれ強度および曲げタフネスの著しい増大が確認され,加圧処理による繊維-RPCマトリックス界面の組織の変化の寄与が示唆された。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 26(1), 309-314, 2004

    日本コンクリート工学協会

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009694900
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    7132030
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top