繊維補強コンクリートと鋼板を組み合せたはり部材の力学性状  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

鋼繊維補強コンクリート,高靭性セメント複合材料,普通コンクリートの3種類のコンクリートと鋼板とを組み合せた複合はり部材を作製し,材料特性ならびに付着特性が部材の曲げ性能に及ぼす影響について比較検討した。コンクリートと鋼板の剥離過程を打音法により検出し,部材の力学挙動と関連付けて考察した。ECCは変形能に優れているため,鋼板との付着が良好であった。打音法により鋼板とコンクリートとの剥離過程を精度よく検出することができた。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 26(1), 345-350, 2004

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009694906
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    7132093
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top