促進養生試験による骨材のアルカリシリカ反応性の評価  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

北陸地方で産出する川砂(6種)及びガラス砂(2種)の岩石・鉱物学的な検討を行うとともに,それらの骨材に対してアルカリシリカ反応性を調べる各種試験を実施し,骨材の鉱物組成の特徴とアルカリシリカ反応性試験の判定結果の適合性について検討した。その結果,北陸地方の特徴である,安山岩粒子が主要な反応性骨材である川砂及び非晶質なシリカからなるガラス砂については,デンマーク法がJIS A 1146法及びASTM C 1260法と比較して骨材のアルカリシリカ反応性の判定に適していた。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 26(1), 945-950, 2004

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009695006
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    7133726
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top