塩害により鉄筋が腐食したコンクリートの劣化予測  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 佐々木 孝彦
    • (財)鉄道総合技術研究所材料技術研究部コンクリート材料研究室
    • 飯島 亨 [他]
    • (財)鉄道総合技術研究所材料技術研究部コンクリート材料
    • 松島 学
    • 香川大学工学部安全システム建設工学科

Abstract

濃度10%の塩化ナトリウム水溶液を上面に貯留した鉄筋コンクリート供試体の4年間余の屋外暴露実験を行い,塩害を受ける鉄筋コンクリート構造物の劣化予測に不可欠な項目について検討した。その結果,(1)腐食発生限界塩化物イオン濃度は0.14~1.8kg/m^3であること,(2)単位腐食面積当りの腐食量が180mg/cm^2くらいになると,鉄筋とコンクリート界面にひび割れが発生すること,(3)年間を通じての鉄筋の腐食速度は気温により変動し夏場は冬場の約4倍速く,ひび割れ発生後の腐食速度は発生前の約3倍に増大することが分かった.

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 26(1), 1041-1046, 2004

    日本コンクリート工学協会

Cited by:  3

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009695022
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    7133942
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    CJPref  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top