現場循環圧送によるフレッシュコンクリートのポンプ圧送性能評価に関する基礎的研究  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

脈動による分離抵抗性を含むコンクリートのポンプ圧送性能を事前に評価する試験方法の確立を目的として,普通コンクリートとフライアッシュ混入コンクリートを用いて,順調圧送から閉塞までの圧送状況を再現できる現場循環方式による圧送試験を行った。直管,ベント管およびテーパ管の前後の管内圧力差から圧力損失を求め,乱れ特性を統計的指標により評価した。その結果,循環式配管系で圧送されるコンクリートは,管内での衝突等により負の圧力損失が生じるような大きい圧力の変動を受けた。フライアッシュ混入コンクリートの水平管1m当りの圧力損失は,普通コンクリートの約2倍であることが明らかになった。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 26(1), 1371-1376, 2004

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009695077
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    7135304
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top